2016年11月11日金曜日

3V動作 トランスレス型 3 BJT トランジスタ 低周波パワー・アンプの設計


乾電池3Vで動作できるポータブルラジオ用にスピーカを鳴らせる3石トランジスタ使用低周波ミニ・パワーアンプを設計した。

1. 前段LPF無しの増幅動作


















図1 過渡解析結果




















図2 AC解析結果


過渡解析結果からは、高調波歪みは多少あるが、実用範囲にあると思われる。
約20dBもの電圧利得が得られた。

しかしトランジスタの高周波特性が良すぎるため、中間周波数455KHzでも相当の利得がでてしまう。






2. 高周波ゲインを下げる改良

上記1.の周波数特性を、高周波領域で十分下がるように初段に 10KΩと0.01uFによるLPFをつけた。

その結果、総合利得はぼぼ同一で、中間周波数455KHz以上で十分に利得が下がる効果が得られた。




















図3 過渡解析結果























図4 AC解析結果



ブログ記事目次へ戻る