2017年11月9日木曜日

レフレックス・ラジオ(ダーリントン接続トランジスタ式)

高卒工員さんが実験しているスーパーhFEトランジスタ使用・超再生式・レフレックス式
中波AMラジオの再現をパソコン計算で試みた。

結果:
再生帰還をなくし、汎用小信号用TR 2N3904 のダーリントン接続で、
レフレックス式AM検波が再現した。

出力データを.WAV directiveでファイル出力すると、綺麗な1KHzのトーンが、パソコン上のオーディオ再生アプリで聞くことができた。


再生の帰還をかけると、正常動作が得られなかったので、上記回路でよしとした。
乾電池1.5V 一本で動作できるが、現時点では、スピーカ8オームは鳴らせそうにない結果になっています。ハイインピーダンスのスピーカなら可能性はあるかもしれない感じです。

ブログ記事目次へ戻る