2015年11月15日日曜日

LM741 OPアンプ トランジスタモデルとspiceモデルの特性比較 

LM741 OPアンプ トランジスタモデルとspiceモデルの特性比較 


(1)非反転増幅回路 利得10倍(20dB) トランジスタ構成モデル [1]


スプリアスはありますが、実用上問題の無い期待値利得が得られ、ローノイズ特性となりました。


利得特性、位相特性も実用上問題無い結果となりました。
位相曲線の帯域外にゆるい変曲点が見られます。
(実用上問題ありませんが、741サブサーキットモデルとの特性差が出ました。)


(2)非反転増幅回路 利得10倍(20dB) オペアンプ・サブサーキット定義構成モデル

実用上問題無い低周波増幅ができています。


利得特性も位相特性も綺麗なカーブです。



(3)ウィーンブリッジ低周波発振器 トランジスタ構成モデル [1]

スプリアスはありますが、実用上問題ないレベルになっています。


参考資料
[1] Liner Technology社 LTspice教育用741 OPアンプトランジスタ構成モデル

Return to INDEX