2015年12月23日水曜日

AM変調(電圧)信号をグラフに書く


中波AMラジオ用送信電圧波を、電圧の時間関数でグラフ化する。

電圧式 Vam={1+0.4*cos(2*π*fm*t) }* sin(2*π*fc*t) [V] 
キャリア周波数 fc = 600[KHz]
キャリア電圧 1.0*2[Vp-p]  (※1)
変調信号 fm = 1[KHz], 0.4*2[Vp-p]
変調度 0.4 = 40[%]

注意 
※1:キャリア電圧の振幅は、ここでは1.0V*2=2.0[Vp-p]に特殊化しています。この電圧は送信機増幅利得により変化します。(送信機はAM放送局で100[KW]〜500[KW]と大きな送信電力で放送されています。受信側のラジオは、受信環境で、受信電圧が変化し、遥かに小さい電圧となります。受信波形は、送信波と相似関係になります。)


変調されたAM信号(電圧)波




時間軸を拡大表示



時間軸をさらに拡大



時間軸をさらに拡大