2017年3月31日金曜日

Maxima for OSX Yosemite /Macbook 2013 Late インストール メモ How to install

Maxima for OSX Yosemite /Macbook 2013 Late インストール メモ How to install

図1. wxMaximaで二次元方程式(複素数解)を解いた実行例

Maxima ご本家のダウンロードサイトからオリジナルの次の.dmgファイルをダウンロードし、SDD/HDDのどこかのフォールダにsaveする。
Maxima.5.36.1.dmg
このファイルをダブルクリックする。

readme.txt ファイルがあるので、その指示に従い、

Maxima,
wXMaxima,
'jsMath TeX fonts'
GNUPLOT

の順にインストールする。
(readme.txtの指示に従うだけでよく、特別なカスタマイズやコンパイルは何も必要ない。)

トラブルシュート

(1) GNU Plotからサイン関数を描こうとして
set term qt
plot sin(x)
を実行すると、Maximaが見つからないという意味のエラーとなり、グラフが表示されない。

原因:
GNU Plot が、maxima を呼び出すが、その実行パスが、.maxima パスのmaxima-init.mac 設定ファイルに書かれていない。

対策:
readme.txt に書かれている指示通りに、OSXのコマンドプロンプト画面を開き、次のコマンドを実行すると、グラフが描けるようになる。

mkdir .maxima
cd .maxima
echo 'gnuplot_command:"/Applications/Gnuplot.app/Contents/Resources/bin/gnuplot"$' >> maxima-init.mac
echo 'set_plot_option([gnuplot_term, qt])$’ >> maxima-init.mac

図2. GNU Plotにより描かれたサイン関数のグラフ


(2)maximaは起動し、コマンドを受け付け実行もするが、wxMaximaから、
コマンド
1+1 Shit+Enter
を実行すると、maxima が見つからない意味のエラーになる。

原因:wxMaxima が、maximaの実行パス名が設定されていないため、maximaを読み出せずエラーになる。

対策:

wxMaxima -> “設定” -> “Maxima” とメニューを選択
Maximaの実行パス名
/Applications/Maxima.app
を”参照”ボタンで選択。
一旦、wxMaximaを終了する。



再度、wxMaximaを起動し、
案内ヘルプ画面を閉じる。
1+1 Shift+Enter
と入力すると、画面に 計算結果 2 が表示される。
以降、maxima と同じ操作で、同じコマンドを受け付け、見やすい表示で計算結果が見られるようになる。(例:図1.参照)

(3)maxima で、run testsuite(); を実行すると、エラーで実行できない。
(他のコマンドは問題ない。)

原因: 不明 調査中。

run the test suite by enterning 'run_testsuite();'. No unexpected errors should occur.


以下、Maxima 5.36.1.dmg をダブルクリックした後、自動的に開かれる窓内のreadme.txt内容から引用:

readme.txt の内容(2017/3/30現在)

1. Installing Maxima

        •       Drag 'Maxima.app' into your Applications folder.
        •       To test it: run Maxima.app from your Applications folder by double-clicking on it. A Terminal should pop up with a working Maxima program. You can try some simple calculations like '1+1;' or run the test suite by enterning 'run_testsuite();'. No unexpected errors should occur.
        •       Quit Maxima by entering 'quit();'.

2. Installing wxMaxima

        •       Drag 'wxMaxima.app' into your Applications folder.
        •       Install jsMath fonts by double clicking on all the fonts in the 'jsMath TeX fonts' folder in the dmg and clicking on 'Install Font'.
        •       Configure wxMaxima by running it from your Applications folder and opening the wxMaxima->Preferences... dialog. Make sure that the 'Maxima program' field points to your copy of the Maxima.app.
        •       If the 'Use jsMath fonts' checkbox is grayed out even though you've installed the fonts, you can try restarting your computer. jsMath fonts are used for nicer (TeX-like) integral signs, summation signs and other symbols.
        •       If wxMaxima found Maxima.app, then you should be able to run calculations (enter '1+1' and press shit-enter). Plotting requires GNUPLOT.

3. Installing GNUPLOT

        •       Drag 'Gnuplot.app' into your Applications folder.
        •       To test Gnuplot: double-click on your copy located in Applications folder. A Terminal should pop up with the Gnuplot's prompt. Test gnuplot by entering the following commands.

                set term qt
                plot sin(x)
                splot sin(x*y)

        •       Maxima needs to know where Gnuplot is located in order to use it for plotting. If you already have a 'maxima-init.mac', edit it, otherwise enter these commands into the Terminal:

                mkdir .maxima
                cd .maxima
                echo 'gnuplot_command:"/Applications/Gnuplot.app/Contents/Resources/bin/gnuplot"$' >> maxima-init.mac
                echo 'set_plot_option([gnuplot_term, qt])$’ >> maxima-init.mac


//END

ブログ記事目次へ戻る