2017年2月3日金曜日

OPアンプコンパレータ使ったパワーオン遅延回路

図1. にOPアンプ LT1017を、+5V単電源で、約8mSの遅延時間信号をアサートする回路例を示す。
図1. OPアンプコンパレータ使ったパワーオン遅延回路 (参考回路)

原理:
Vcc=+5V を分圧する抵抗R2, R1の電圧と、C1に充電される電圧が一定異常になったら出力信号 OUTがアサートされる。

この回路はマイコンのパワーオン・リセット解除タイミング時間生成に応用できると思われますが、装置によっては、リセット失敗が許されない信頼性の高さが要求されるものがあるので、参考までの回路として載せます。

課題:
(1)電源OFF後、次の電源ON動作のためには、C1に充電されている電荷を電源OFF時に放電させる必要があるので、スイッチングダイオードを+5V電源に逆方向にコンデンサに並列に抱かせる必要あり。そうしないと、次の電源ONで、C1に残った電荷で正常な遅延時間が生成できなくなる。

(2)電源回路の立ち上がり安定時間を測定し、その時間より十分遅い時間の遅延時間を設定する。そうしないとマイコンのリセット解除タイミングが正しく出せず、マイコン起動が失敗する。

(3)この回路が故障した場合に動作できるAlternativeな遅延回路を持ち、信頼性を向上させる。

リセット失敗の場合も考慮すると、外乱にも強い信頼性が要求されると思わで、甘くみないほうがいいのかな、という気がします。

リセット失敗の事例:

(1)パソコンの電源ボタンを押しても電源が入らない。
(2)同じく電源が切れない。
(3)電源ボタンを押してもマイコン制御式ラジオ受信機が動作しなくなった。
(4)自動車のオーディオ装置が非常に少ない頻度で電源がはいらなくなるが、自動車バッテリを外すと、再び使えるようになった。
(5)RESETボタンを押してもRESETが効かない。