2016年12月30日金曜日

バリキャップによる周波数変調 FM変調送信機(FMワイヤレスマイク)

このバリキャップ (ここではMV2201)を使ったFM変調送信機(FMワイヤレスマイク)は、個人の簡易用途用として実用になることを実機でも確認しています。


2SC4081(Rohm社), 2SC3904で動作できると見積もられます。
(spice modelはLTspice標準実装のデータです。)

この回路定数のままでは2SC1815, Y, GRでは発振が停止しました。


ここの2SC1907のspice modelの出処が不明で、信頼性が不明ですが、動作はするかもしれません。

安価にできるので、簡易な用途向きで、趣味、実験、学習用、遊びに楽しく使えます。

(ただし高音質オーディオ用途や、通信機用の周波数安定度は期待できません。)


ブログ記事目次へ戻る